Raspberry Piのユーザまわり初期設定

Pocket

raspberry piもくもく会で他人のraspberry piにログインしてしまったり、されてしまったりしたので、
ユーザまわりの設定をしっかりおこなおうと思います

rootユーザのパスワード設定

rootユーザのパスワードを設定します

pi@raspberrypi:~ $ sudo passwd
Enter new UNIX password: 
Retype new UNIX password: 
passwd: password updated successfully
pi@raspberrypi:~ $  

rootユーザでログインが出来るか確認する

pi@raspberrypi:~ $ su
Password: 
root@raspberrypi:/home/pi#

rootユーザログアウト

root@raspberrypi:/home/pi# exit
exit
pi@raspberrypi:~ $ 

新規ユーザの追加

testユーザを作成する

pi@raspberrypi:~ $ sudo adduser test
Adding user `test' ...
Adding new group `test' (1001) ...
Adding new user `test' (1001) with group `test' ...
Creating home directory `/home/test' ...
Copying files from `/etc/skel' ...
Enter new UNIX password: 
Retype new UNIX password: 
passwd: password updated successfully
Changing the user information for test
Enter the new value, or press ENTER for the default
    Full Name []: 
    Room Number []: 
    Work Phone []: 
    Home Phone []: 
    Other []: 
Is the information correct? [Y/n] Y
pi@raspberrypi:~ $ 

testユーザをsudoグループに追加する

pi@raspberrypi:~ $ sudo gpasswd -a test sudo
Adding user test to group sudo
pi@raspberrypi:~ $

新規ユーザをpiユーザと同じgroupに追加する

piユーザの所属グループを確認する

test@raspberrypi:~ $ groups pi
pi : pi adm dialout cdrom sudo audio video plugdev games users input netdev spi i2c gpio

testユーザに対して、piユーザが所属しているグループをすべてに所属させる

test@raspberrypi:~ $ sudo usermod -G pi,adm,dialout,cdrom,sudo,audio,video,plugdev,games,users,input,netdev,spi,i2c,gpio test

We trust you have received the usual lecture from the local System
Administrator. It usually boils down to these three things:

    #1) Respect the privacy of others.
    #2) Think before you type.
    #3) With great power comes great responsibility.

[sudo] password for test: 
test@raspberrypi:~ $ 

パスワード無しでsudoを実行する

ファイルを操作する

sudo visudo

追記する

#includedir /etc/sudoers.d

test  ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL

piユーザのパスワードを変更する

passwd

## piユーザをsudoグループから外す

sudo gpasswd -d pi sudo

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です